コーヒー屋さんでの出来事

先日、近所なのに一度も入ったことのないコーヒー屋さんに入ってみました。

突然、三十分ほど時間が空いたので、ちょうどコーヒータイムにしたいところだったのです。

まず、入った第一印象は、ほんのり薄暗い落ち着いた雰囲気のお店なのに、客層のせいか、店内が賑やか。

ファーストフードのお店かと思うほど、賑やかなお喋り声でいっぱいでした。

ちょっとガッカリしましたが、お店の責任ではないので仕方ありませんよね。

私は席についてすぐにアメリカンを注文しました。

お店によっては、飲めないよ!と思うほど煮詰まって濃いブレンドを出すところがあるので、知らない店ではアメリカンを注文するようにしています。

コーヒーは、すぐに来ました。

しかし、コーヒーカップの底、ソーサーの中には、溢れたコーヒーがタップリ。

これは嫌です。

白いカップだから溢れたコーヒーが汚らしく見えますし、カップの底から服に滴り落ちる可能性もあります。

例えば私がデート中で、お気に入りの白い服にコーヒーの染みとか、最悪ですよね。

幸い私は仕事の合間で黒いスーツでしたが(笑)
ちなみに、私の隣に座っていた女性客は、注文したものがいつまでも出てこないので、キレて帰ってしまいました。

頂いたコーヒーは美味しかっただけに、何とも残念なお店でした。

今後のサービスの向上に期待です。

主人の友人カップル

主人の職場の同期で一番中の良い友人が、初めて彼女を連れて遊びに来てくれました。
主人と私はもともと大阪にいたのですが、今年の春に転勤で四国へ引っ越してきたので、遠路はるばる来てくれるのがうれしかったです。
特に、その友人に恋人ができるのが、社会人になってからは初めてということで、私も主人も興味津々でした。
2人で四国に誘ったのですが、照れて、なかなか会わせてもらえないかなぁと思っていたので、あっさりと友人も彼女さんも快諾してくれました。

女性にはかなり奥手なその友人が、その彼女の前だと、とても自然体で、男性同士の前でしか言わなかったような冗談もどんどん話していた様子と、それに対して本当に楽しそうに笑う彼女さんを見ていると、本当にお似合いで主人と私は終始「お似合いだね~いい感じだね~」とこっそり話していました。
結婚して暫く経った私たち夫婦は、時々けんかをしてしまうこともあったので、そんな二人の姿をみていると、もっとお互いにニコニコ笑顔で暮らせるように努力したいなと思いました。

私の性格、治したい

自分で言うのもなんですが、私は生真面目で几帳面です。
そして神経質なところもあります。
こういった性格が嫌になることが多々あります。
裏目に出たことも何度も。

小学生高学年の時、修学旅行に行く前日。
何度も忘れ物がないか、リュックサックから出しては、持ち物が記載してある、しおりにチェック。
3回ほどしたところで、母から指摘されました。
リュックサックの外に何か落ちてるよ、と。
そうです、チェックし過ぎです。
今度は入れ忘れていました。
本末転倒です。

家の鍵、車の鍵がかかっているか、何度も確認します。
道中に家や車の鍵をかけたのか聞かれたら、もう気になって仕方がありません。

3歳と1歳の子供を連れて、半日遊びに出かける時の荷物の多さといったら、とんでもないです。
1泊2日の旅行並です。
着替えやオムツも多め、怪我した時の塗り薬まで入れてしまうので、荷物がパンパンです。
実家に1泊のお泊りする時は海外旅行並みの荷物の多さになってしまいます。
もし、寒かったら暑かったら。


と考えてしまって、ついついです。

こういった性格を止めたいです。
止めたいけど止められない。
ストレスにならないよう上手く自分と付き合っていきたいです。

嬉しかったお中元

最近の日本では昔に比べてお中元をやり取りする機会が減っているそうですが、完全になくなってはいないようで、我が家でもいくつかはいただきます。

そこで今回はいただいて嬉しかったお中元を2つほどご紹介したいと思います。

まず、子どもに大人気だったのが本物そっくりの果物をかたどった容器に入ったフルーツゼリーです。

モモや洋ナシなど様々なフルーツの形の容器は、少し離れてみたら本物の果物にしか精巧さ。
食べておいしいのはもちろん、食べ終わったあとおままごとに使って遊んでよしでかなり盛り上がりました。

もうひとつは、青森産のにんにく2kgです。

最初はたくさんあってどうしようかと少しひるみましたが、保存方法を詳しく書いた紙が添付されていたので、冷凍したものも含めてかなり長いこと重宝しました。

さすが有名な青森産だけあって、ただ焼いただけでもホクホクとしていて本当においしかったので、機会があったら私もどなたかに贈ってみたいと思っています。

電動タイプのカビキラーを使ってみました!

CMでも放送されていた電動タイプのカビキラーを使ってみました!
浴室のカビって、日頃からお掃除をこまめにしていても、メジに黒いカビが付いてしまって困っていました。

カビキラーが大好き(笑)な私は前からカビキラーやカビハイターを使っていました。

それでも全部が取りきれる訳ではないのが黒カビで・・・本当キレイにするのって大変です。

そんな私が興味を惹かれたのがCMでやっていた電動タイプカビキラー!
ただの電動タイプなら、今までもカビキラーは使っているし、買いませんでした。

でもパッケージを見たら、パワーアップしているとあるのです!
パワーアップして、更に電動タイプで楽々なうえに液だれも少ないようなので迷わず買っちゃいました。

結果、黒カビゼロとはいきませんでした。

でも今まで取れなかった黒カビは簡単にとれました!
今回取れなかった2か所はかなり強力なカビなのでしょうね。

でも、パッケージにも書いてありましたが、パワーアップした分、ニオイなどが強烈になっていました。

今までお風呂全体に吹きかけても問題なかったのが、換気扇を付けながら噴射していますが、
途中でお風呂場にいられないくらいの空気になりました。

少しお風呂場から出て、深呼吸をしてから再度続きを噴射というように、
休憩しながら噴射をしました。

そこだけ気を付けて噴射すれば、今まで諦めていた黒カビにも希望がもてる素晴らしいカビ駆除製品でした!
絶対リピート買いします!
お風呂場がキレイだと気持ちよく疲れをリセットできて良いです。

皆様にも是非おすすめですよ!

肉体労働的お墓参り

今年も盆時期は家族でお墓参りのハシゴでした。

伯父が眠っているお墓と我が家のお墓の2か所です。

同じ県内ですが、場所はかなり離れているので毎回お墓参りに行く時はそれなりの気合いがいります。

何よりも伯父のお墓は毎回色々な意味でドキドキです。

何せ今の持ち主である伯母がものぐさで、お墓の管理をほとんどやってくれていないのですから。

それでも節目節目には何かやってくれているはず、と今回も期待半分、諦め半分の気持ちで参りました。

・・・予想以上でした。

両隣が空いていて雑草ボウボウなのは仕方ないですが、伯父のお墓も雑草に埋まって見えないじゃないですか!
これはダメだ。
このまま線香に火を付ければ火事になってしまう。

みんなで話し合い、急きょホームセンターへ行って軍手と鎌を購入、炎天下での草刈り開始です。

大きな墓地は見事に日差しを遮るものもなく容赦なく照りつけますし、何よりちゃんと管理してくれない伯母への怒りでムカムカ。

モクモクと作業して、ようやく火事にはならないようになった時にはみんなヘトヘトでした。

クラクラしながらお花を供え線香を炊いて手を合わせて、早々に退去しました。

帰りでも伯母への怒りはおさまらず、折角のお墓参りがまったく心穏やかには済ませられない、なんとも嫌な気持ちの残るものとなってしまいました。

いずれは自分も入るであろうお墓なのに、なぜ大切にしないのでしょう。

ご先祖様方、お盆に帰ってきたついでにお灸をすえてやって下さい!

スカイツリー

私は、ついこの前、彼と初めてスカイツリーデートにいきました。

なにがしたいとか、登りたいとか、そういうのは一切なく、行ってみたいね!ということで行くことになりました。

行ってみると、たくさんの人、人、人。

二人とも、……。
状態。

それでもいろんなところを回っていると、サザエさんの形をした可愛らしいたい焼きのようなもののお店を発見!
でもよくみると、もんじゃ味やチーズ味。

ん?たい焼きじゃない。

けどお腹空いたから食べよう!ということで食べてみました!
とっても美味しい!!これで来てよかったと思った私たちは単純でしょうか。

そのあとも少しフラフラしていると、美味しそうなジュース屋さん。

するとグレープフルーツを丸々1つにストロー刺して飲んでる人が!!
私もあれがいい!ということで同じものを。

なんと、果汁100パーセントのグレープフルーツジュース!これまたとっても美味しかったです。

スカイツリーに登らなくても
食べ歩き目的で楽しめる場所だと思いました。

晩ごはん

晩ごはんを支度する時間になると、さて、何にしよう、と悩むのが日課。

魚も食べたほうがいいけれど、ストックが無いし、その為だけにスーパーマーケットに行くのも面倒くさいし、、、。

ということで、昨日の晩ごはんは鶏胸肉に決定!
なんだか蒸し暑いので、さっぱりとした味のものが食べたくなり、お酢を使った料理にしました。

鶏胸肉を、削ぎ切りにして、お酒と塩を少々ふってしばらく置きます。

それに小麦粉をつけてフライパンで焼き、出し汁、お酢、砂糖、醤油、お酒で煮る。

簡単だけれど、これがなかなか美味しいです。

子どもと一緒に晩ごはんを食べ始めると、パクパク食べているので「美味しい?」と褒め言葉を期待して聞いてみると、、、。

「美味しくない。
」反抗期真っ盛りの子どもにストレートに聞いたのが間違いでした。

食べっぷりを見れば、気に入っているのは一目瞭然なんですけれどね。

たまには「美味しかったよ」の言葉が聞きたいなぁ、、、。

警察呼ぶ前にすることあるでしょ。

私の実家の前には私道があり、3軒の民家と1軒のアパートで駐車場として共有しています。
誰がどこに止めるかは決まっていませんが、実家が使用するのは同居している兄夫婦の車を含めて3台分のスペースです。

先日、実家の両親からAV機器の配線を頼まれた時のことです。
私道に車を止め、頼まれた用事を済ませて帰ろうとすると、見知らぬ車が止まっていました。
そして、乗っていた男性が私を引き止めるのです。
「ちょっと待ってて。今、警察が来るから。」と言うのです。

よくよく話を聞いてみると、私道を共有するアパートに越してきた人でした。
もともと近所の人なのですが、家の建て替えで一時的にアパートを借りたらしいのです。
自分が止める場所に知らない車が止まっていたのでアパート管理会社へ問い合わせ、そこが把握していないナンバーだから警察に通報をしたとのこと。

兄夫婦が車で外出中だったので、私が駐車しても全く問題はありません。
そのことや実家のことを説明すると申し訳なさそうに謝ってきましたが、警察を呼ぶ前に他の家に確認することは思い浮かばなかったのでしょうか。
文句の一つも言いたかったのですが、実家の近所付き合いが気まずくなるといけないので穏便に済ませました。

一兆円

凄くいい夢を見た。

なんと一兆円手に入る夢なのだ。

一兆円って想像もできないけど、私は20歳で大金を手にする。

まず私がした事は優秀な執事とメイド、運転手を雇う。

まずは執事に最高級のホテルスイートを年間契約させ、
そこで今後の事を決めて行こう!
まずは年金や保険などすべて引き落とし手続きをすませる。

我ながら凄く現実的である。

国民としての義務はまず始めに綺麗にしておかなきゃ。

次にファッション雑誌を一通り全種類用意させ
欲しいものに付箋をつけ購入する。

もちろん、外商にも来てもらい買い物。

欲しいと思ったら即購入。

車も用意。

都心に広大な土地を購入し豪邸を建てる
もちろん別荘も買って、高層マンションも購入。

プライベートジェットとヘリコプター。

各国に家やホテル年間契約をする。

毎年必ず最高技術の人間ドックを受け健康もチェック。

毎年、どこかに寄付をして…
それでも使い切れないだろうな!
あーいい夢だった。